目が見えづらくなってきた

自分の状況から調べる

「白内障」ってどんな病気?

白内障は眼球の中にある「水晶体」に濁りが生じることで起こる病気です。

白内障は眼球の中にある「水晶体」に濁りが生じることで起こる病気です。

水晶体は、厚みを変えることによって外から入ってきた光を屈折させてピントを調整し、網膜にみたいものの像を映す役割をしています。
水晶体の中にはタンパク質がつまっており、このタンパク質が何らかの要因で濁り、きれいに光を通さなくなったり乱反射してしまったりする状態が白内障です。

白内障はさまざまな原因で起こりますが、最も多いものは加齢によるもので、「加齢性白内障」「老人性白内障」と呼ばれています

白内障はさまざまな原因で起こりますが、最も多いものは加齢によるもので、「加齢性白内障」「老人性白内障」と呼ばれています

水晶体のタンパク質は年をとるごとに変化してしまうため、長く生きれば生きるほど白内障になる確率は高くなり、80歳でほぼ100%の方が白内障を発症するといわれています。
白内障の発症は一般で考えられているよりも早く、50歳代でおよそ37~54%が初期状態を含めた白内障になっており、そのうち10~13%が進行した白内障を患っているという報告があります。60歳代では60%以上が、70歳代になると80%以上が発症しています。

  初期水晶体混濁 進行した水晶体混濁
50歳代 37~54% 10~13%
60歳代 66~83% 26~33%
70歳代 84~97% 51~60%
80歳代以上 100% 67~83%

白内障は病気というよりも、加齢によって目に生じる現象の一つといえるのです。

「加齢以外の原因」とは?

白内障は加齢によるものが圧倒的多数ですが、その他の原因によって起こるものもあります。
簡単にご説明しましょう。

目を強く打つなどが原因になった「外傷性白内障」

目元に何かがぶつかり強い衝撃を受けたり、目に何かが刺さるなどの外傷を受けたりすることで、水晶体が傷つき発症します。
外傷を受けた直後には症状がでず、10年以上経ってから見えづらくなってきて発覚するなど、あとあと症状が出ることがよくあります。

糖尿病の合併症による「糖尿病白内障」

糖尿病の合併症が原因で水晶体が濁ってしまう病気です。
加齢による白内障に比べて進行が早く、見えづらさが急速に増していき、生活に不便をもたらすようになります。

アトピーを持つ方に発症する「アトピー性白内障」

なぜアトピーの方が白内障を併発しやすいのかは解明されていませんが、皮膚炎にかかっている時間が長いほど、顔の皮膚症状が重いほど白内障を併発する率が高いことがわかっています。

ステロイドなど使う方が発症する「薬剤性白内障」

アトピーなどのアレルギー治療で用いられるステロイド薬は、長期にわたり使用を続けることで、白内障の発症リスクを上げることがわかっています。
また、緑内障の治療に使う「ピロカルピン」という目薬も、白内障を発症させる可能性があるのではないかと考えられています。
ただし、発症の詳しいメカニズムや、どの薬をどの程度の量、どの程度の期間使うと発症しやすくなるのかについては、個人差も大きくまだわかっていません。

生まれつきの「先天性白内障」

生まれつき水晶体が濁っているケースもあり、これを先天性白内障といいます。
1カ月健診や3カ月健診などで判明することがあります。
出生後すぐに病気が進行するケースは少ないので、水晶体の濁りが強くなければ、成長を待って様子を見ながら治療・手術を検討します。
しかし、見えづらい状態と判断されれば出生後まもなく手術する場合もあります。
赤ちゃんは「見る」行為によって視覚経路を発達させ、脳とのつながりをつくっていくことから、見えていないのであればできる限り早急な対応が必要となるからです。

要注意!白内障の「サイン」

白内障はほとんどのケースで、症状がゆっくりと進行するため、病状がある程度進行するまで気づきにくいという特徴があります。
しかし、白内障が疑われる具体的な状態もありますので、ここでご紹介します。

目がかすむ、見えづらくなった、まぶしさを感じるとき

白内障は目の水晶体が濁る病気です。その濁りが光を乱反射することで、目のかすみや見えづらさ、まぶしさを感じることがあります。テレビや雑誌を見ているときや、運転時に標識等の文字を読み取ろうとするときに、気づくことが多いようです。

目がかすむ、見えづらくなった、まぶしさを感じるとき

健康診断、免許更新時の目の検査、眼鏡やコンタクトレンズを新調するとき

白内障の症状に、目のピントが合わないというものがあります。自覚のないまま、健康診断の際に視力低下を指摘されたり、免許更新時にこれまでの眼鏡やコンタクトレンズで視力検査を通過できなかったりした場合には、白内障が疑われます。
また、眼鏡やコンタクトレンズの度が合わずに新調する際に、白内障が発覚することもあります。原因がピント合わせの機能の不調ではなく、光を通す水晶体にあるため、いくら度数を上げても、納得のいく見え方にならないためです。

老眼が進んだと感じたとき

60歳を過ぎて「老眼が進んだ」と感じるときも要注意です。
一般的に老眼は40代から始まり、60歳ごろには進行が止まります。
それ以降もなお、見えづらさが増してきたと感じるのであれば、それは老眼のせいではなく、白内障が進行してきている可能性があるのです。

こんな状態になったら、
一度、眼科を受診するようにしましょう。

pagetop
草加本院
銀座院
上尾院