よくあるご質問

Q&A

日本の視覚障害の原因疾患には、どのようなものがありますか?

①緑内障、②糖尿病網膜症、③網膜色素変性、④黄斑変性[多くが加齢黄斑変性。欧米では成人失明の第一位]、⑤高度近視、とすべて視神経疾患を含む網膜疾患が占めています。これは、日帰り白内障手術のように比較的短時間で治療することができる疾患と異なり、網膜疾患に現在臨床で行える治療は「早期発見」「進行予防と抑制」を目標としており、一度発症すると完全に治癒せしめる治療法がなく、その結果、後遺症として視覚障害が残るからです。

第1位 緑内障
第2位 糖尿病網膜症
第3位 網膜色素変性
第4位 黄斑変性症
第5位 高度近視

用語解説1 : 網膜とは?

網膜は前から9層の神経網膜と1層の網膜色素上皮からなる厚さ150~300マイクロメートルの組織でその奥にはブルッフ膜と脈絡膜があります。神経網膜のうち一番の奥の視細胞(約1億個ある光受容細胞)で光から変換された電気信号が逆に奥から前へと逆行して伝わるため、黄斑のある中心窩では網膜が薄くなっています(中心窩陥凹)。視細胞の機能と構造の維持には健常な網膜色素上皮が働いています。網膜色素上皮細胞は細胞結合装置により血液網膜関門を形成して脈絡膜血管からの成分が神経網膜へ漏れださないようにブロックしています。

pagetop
草加本院
銀座院
蕨眼科
上尾院
福島院