白内障手術ならアイケアクリニック
「一生に一度の白内障手術」にするための失敗しない眼内レンズの正しい選び方

見え方で後悔しないための眼内レンズの選択

見え方で後悔しないための眼内レンズの選択見え方で後悔しないための眼内レンズの選択

白内障手術は一生に一度だけで済ませたいもの。その際に重要なことは自分に合った眼内レンズを選択できるかどうかだと思います。患者さんが『白内障手術を受けて良かった』と満足していただくためには、術後の見え方が重要となります。実際に他院で白内障手術を受けた方のなかには下記のような相談で当院に来られます。

  • 説明のときに言われた見え方と違った
  • 単焦点眼内レンズしか説明されなかった
  • 単焦点眼内レンズを強くすすめられたのでいいと思ったが、眼鏡がわずらわしい
  • 多焦点眼内レンズを選んだが、ハロー・グレアの説明がなかった
  • 初診から手術の直前まで全て看護師が対応し、自分に合うレンズの説明は一度もなかった
  • 白内障は治ったが元々あった乱視がひどくなってしまった
  • 手術をしてから多焦点眼内レンズにはたくさん種類があることを知った
  • 読書をするのに最適なレンズを入れたが、遠くの景色がよく見えなくなり、もっと慎重に選べばよかった
  • 手術をしたのに目が良くならず近視のままだ 

白内障手術を受けるのは一度で十分です。だからこそ自分に合った眼内レンズをしっかりと選択する必要があります。

ほとんどのクリニックが扱っている眼内レンズはわずか数種類

多焦点眼内レンズによる白内障の治療は、白内障だけでなく近視や乱視、老視が治療できるという認識が医師自身にないケースが多いのかもしれません。白内障手術に対応していても単焦点眼内レンズしか扱っておらず、「近くに合わせる」「中間に合わせる」「遠くに合わせる」のどれかに決め打ちしてしまっているクリニックがまだまだたくさんあります。また多焦点眼内レンズを導入していても、先進医療特約の範囲内1~2種類のレンズしか取り扱っていない施設がほとんどで、「近くがよく見える」「遠くがよく見える」のどちらかだけで選んでいることが非常に多いのです。当院ではトーリックレンズを合わせると20種類以上の眼内レンズをご用意し、患者さんに最も適した眼内レンズをご提案させていただきます。当院では、必ず患者さんのお話を詳しくお伺いしたうえで、ご要望のうち実現できる事とできない事を明確にしたうえで、眼内レンズを選択するようにしております。丁寧にご説明させていただき、レンズのことをきちんとご理解していただいたうえで決定いたします。

失敗しない眼内レンズを選ぶポイント

術後の見え方にこだわった丁寧なカウンセリング

安全と安心を追求したオーダーメードの白内障手術

患者さんの術後の見え方にこだわった丁寧なカウンセリング当院では患者さんの手術後の見え方が最適になるように、入念なカウンセリングを行っております。特に重要なのが「患者さんがどのくらいの距離を最も見やすくしたいか」、「患者さんのライフスタイルや趣味など」によって最適な眼内レンズも異なることです。それを明確にしておかなければ、患者さんのご要望に近づけるレンズの選択はできません。当院でのカウンセリングは全て佐藤香医師が担当いたします。眼内レンズも佐藤香医師と一緒に決めていきます。患者さんが安心して相談できる環境をご用意し、納得していただけるまで丁寧にご説明させていただきます。患者さん一人ひとりに合わせたオーダーメイド手術計画を自信を持ってご提供させていただきます。

当院で扱っている眼内レンズのご紹介

白内障手術で使用する眼内レンズは大きく分けて「単焦点眼内レンズ」と「多焦点眼内レンズ」の2種類あります。単焦点眼内レンズは手元か遠くかどちらか1つに焦点が合わせられることができるレンズです。多焦点眼内レンズは手元も遠くも焦点が合わせられます。実際、単焦点眼内レンズしか扱っていない眼科が多いのですが、当院では多焦点眼内レンズを含め20種類以上(トーリックレンズ含む)の眼内レンズをご用意しております。

単焦点眼内レンズのイメージ単焦点眼内レンズのイメージ
単焦点眼内レンズのイメージ単焦点眼内レンズのイメージ

先進医療適応の多焦点眼内レンズ

先進医療とは

先進医療とは厚生労働省が認定した「先進医療認定施設」のみが行える医療のことです。眼科領域においては多焦点眼内レンズを用いた白内障手術が先進医療として扱われています。当院は「先進医療認定施設」となっております。本来、多焦点眼内レンズの手術は保険適応外の自費診療ですが、先進医療認定施設では術前術後の診察や検査は保険が適応されるようになります。また、民間の生命保険の「先進医療特約」に加入されている場合は、先進医療に係る手術の給付金が受け取れますので、患者さんの経済的負担も軽減できます。

当院採用レンズ先進医療対応

レンズ外観 iSii ReSTOR Activefocus Tecnis Multifocal Symfony
名称 PanOptix
パンオプティクス
ReSTOR
レストア
Activefocus
アクティブ
フォーカス
Tecnis Multifocal
テクニスマルチ
Symfony
シンフォニー
光学部デザイン 3焦点回折型 2焦点回折型 アポタイズ回折型 2焦点回折型 エシェレット回折型
乱視矯正 ×
近視の焦点距離 40cm
60cm
30cm
40cm
50cm
50cm 33cm
42cm
50cm
50cm
得意な見え方と作業 運転、パソコン、読書 読書、パソコン 運転、スポーツ 読書、パソコン スポーツ、パソコン
ハロー・グレアの自覚 やや少ない あり 少ない あり あり

※表は横スクロールできます。

自由診療の多焦点眼内レンズ

自由診療とは

健康保険などの公的医療保険が適用されない診療のことです。多焦点眼内レンズで、先進医療に認定されていないものは全て自由診療が適用されます。先進医療に認定されないからといって性能が劣っているということはありません。より最新の優れた多焦点眼内レンズを使用するなら、自由診療のレンズの中から選ぶことをおすすめします。

当院採用レンズ自由診療対応

レンズ外観 Lentis Fine Vision Mini Well Acriva Trinova Ray One Trifocal
名称 Lentis Fine Vision Mini Well Acriva Trinova Ray One
Trifocal
光学部デザイン 2焦点分節屈折型 3焦点回折型 累進焦点 正弦波回折型 3焦点回折型
乱視矯正 × ×
近視の焦点距離 40cm 40cm
65cm
70cm 40cm 37.5cm
得意な見え方と作業 パソコン、読書 運転、パソコン、読書 夜間運転、パソコン 運転、パソコン、読書 パソコン、読書
ハロー・グレアの自覚 やや少ない あり ほぼなし やや少ない 少ない
生産国 ドイツ ベルギー イタリア オランダ イギリス

※表は横スクロールできます。

当院での多焦点眼内レンズによる白内障手術は、
先進医療と自由診療を問わず片目66万円となっております。

セカンドオピニオンのご案内

セカンドオピニオンのご案内当院は白内障手術はもちろんのこと、緑内障手術や眼底疾患に対する硝子体手術にも対応しております。他の眼の疾患が原因で、他院で白内障手術することが難しいと言われた方はお気軽にご相談ください。
また当院ではオーダーメイドの眼内レンズが提供できることが強みでもあります。例えば強い乱視や強度近視が理由で、多焦点眼内レンズの適応が難しいと判断された場合でも、当院では最適なレンズをご提案させていただきます。

白内障は、加齢に伴い誰もがかかる病気で80歳以上だとほぼ100%の方が発症されています。当院では最先端の医療機器と検査設備を備え、佐藤香医師が丁寧なカウンセリングを行い、患者さんが安心して治療が受けられる環境を整えております。白内障手術は一生に一度の手術で済ませたいものです。他院に断られたとしても、あきらめないで自分に合った眼科が見つけられるように当院のセカンドオピニオンをぜひご活用下さい。

適切な眼内レンズを選ぶための検査設備

当院では最新の医療設備を導入し、
最適な眼内レンズが提供できるように努めております。

IOL マスター700

白内障手術の際に必要な検査として「眼軸長検査」があります。これは角膜から網膜までの長さを測定する検査で、眼内レンズの度数を決めるうえでとても重要です。この計測にズレがあると、思ったような見え方が実現できません。当院で導入しているIOLマスター700は従来の検査に比べて短時間で高精度に眼の状態を解析することが出来ます。
レーザーを使用して非接触で検査ができますので、患者様の負担も軽減できます。

IOL マスター700

CASIA2

前眼部OCTという検査機器で、角膜から水晶体までを3次元撮影できます。白内障手術では水晶体の検査のために使われ、こちらも眼内レンズを決めるうえでは重要な検査です。これまでの機器では、角膜混濁がある場合は計測ができませんでしたが、それを可能にしたのがCASIA2です。

CASIA2

VERION

患者さんの眼の形を解析し、特に乱視の方に有効な手術計画を組み立ててくれます。多焦点眼内レンズの手術は、レンズ挿入位置のズレをいかに抑えるかが重要です。VERIONの検査データが各手術機器にデータ連携され、手術時の切開位置や眼内レンズの理想的な固定位置を指示してくれるのでより精度の高い白内障手術が実現できます。

VERION

ORA

白内障手術時に有効な機器です。手術中にリアルタイムで眼の屈折状態を測定してくれます。ORA は水晶体が取り除かれた状態の眼を計測し、そのデータを世界中のデータと比較してくれます。そのデータをもとに術後の見え方のズレを最小限に抑えるために最適な眼内レンズの度数と固定位置を提案してくれます。

ORA

安心して手術を受けていただくための心遣い

1.患者さんに合わせた
スケジュール

患者さんに合わせた スケジュール

当院ではお忙しい方のために、初診時にカウンセリングから必要な検査を行い、手術日まで決定し、2回目の来院で手術を実施することもあります。手術日は患者さんのスケジュールを優先し、患者様ファーストを重んじています。

2.わかりやすい説明

わかりやすい説明

患者さんには佐藤香医師がわかりやすく病気の説明をするだけでなく、スタッフ全員が患者さんの情報を共有しあうことで誰もが質問に対して答えられるような体制を整えております。

3.年間1500件以上の手術実績

年間1000件以上の手術実績

当院は年間で1500件以上の白内障手術を行っております。手術においては、執刀医の経験、技術、知識が重要な治療成果を得るためのポイントでもあります。

4.最新鋭の医療機器

最新鋭の医療機器

当院はアジア圏で初めて「The Cataract Refractive Suite」を導入した施設です。患者さん一人ひとりに合った手術プランを立案し、精度の高い手術をご提供いたします。

5.不安を取り除く
カウンセリング

不安を取り除く カウンセリング

手術を受けられる患者さんに不安はつきものです。その不安を取り除くために、患者さんが納得していただけるまで丁寧にご説明をさせていただきます。

6.アフターケア

アフターケア

白内障手術を受けた場合は、術後の経過観察も大切です。当院は手術前の診察も手術後の診察も全て佐藤香医師が担当いたします。

目のトータルサポートができるクリニック

眼のトータルサポートができるクリニック

当院は患者さんから信頼できると思っていただける眼科を目指しております。目の病気は、白内障以外にもたくさんあります。
当院は、目のかかりつけ医としてあらゆる眼科領域におけるちょっとした不安から高度な手術まで対応し、総合的な目の治療「トータルアイケア」を提供することを使命としております。緑内障の手術、網膜疾患に対する硝子体手術、更にはまぶたのたるみやいぼなどの美容面の治療にも対応ができ、クリニックで一貫して治療が受けられる環境を整えております。常に最先端の医療機器と技術を取り入れ、クリニックながら大学病院と同等の治療をご提供いたします。

眼内レンズのQ&A

患者

Q.乱視が強いのですが、手術後に改善されますか?

先生

A. 多焦点眼内レンズを使用することで乱視を改善することができます。当院ではVERIONとORAという機器を導入しており、眼内レンズの誤差を最小限に抑えて手術を実施することができます。

患者

Q.多焦点眼内レンズは老眼治療にも効果があるんですか?

先生

A. 老眼治療にも有効です。老眼は加齢に伴い水晶体の弾力が弱まり、近くのものが見えにくくなった状態です。白内障手術では水晶体を取り除き人工の眼内レンズと入れ替えます。この時、近くも遠くにもピントが合わせられる多焦点眼内レンズを入れることで老眼が改善されます。

患者

Q.多焦点眼内レンズはどこの医療施設でも取り扱っていますか?

先生

A. 多焦点眼内レンズを取り扱っている施設は少ないのが現状です。多焦点眼内レンズを使用した白内障手術は自費診療となりますが、先進医療適応の眼内レンズもあり、先進医療認定施設であれば、術前術後の診察や検査は健康保険が適応されるようになります。また、民間保険の先進医療特約が適応され手術費用が支給されます。

患者

Q.他の施設で多焦点眼内レンズの適応は難しいと言われましたが、単焦点眼内レンズを選ぶしかないのでしょうか?

先生

A. 例えば、乱視や近視が強い場合、眼内レンズの種類が少ない施設だとそのように言われてしまうケースをよくお聞きします。しかし、当院ではレンズの種類も豊富なので、強い乱視も強度近視も改善することが出来ます。ぜひセカンドオピニオンをご活用ください

患者

Q.どのレンズを選べばいいかわかりません

先生

A. 当院を受診される患者さんも、自分でレンズを決めなければいけないのかと思われている方がたくさんいらっしゃいます。当院では佐藤香医師が全ての患者さんに対してカウンセリングを行い、日常生活などをお聞きし最適な眼内レンズを一緒に決めていきます。

医院紹介

アイケアクリニック 院長  アイケアクリニック銀座院 副院長 佐藤 香 医師

アイケアクリニック草加本院 院長アイケアクリニック銀座院 副院長佐藤 香 医師

略歴

獨協医大越谷病院 眼科 専門外来
栗原眼科
八潮中央総合病院 眼科医長
アイケアクリニック 院長

著書

『目は若返る 50歳からの眼科治療』
『スゴい白内障手術』

著書

当クリニックのご紹介

アイケアクリニック草加本院
〒340-0034
埼玉県草加市氷川町829
→ アクセス

TEL.048-929-6006

診療時間

※休診日 日曜日・祝日
※手術日は火曜日と水曜日ですが、
緊急手術には随時対応しております。
※火曜と土曜の午後の
診療時間は14:00~17:00

アイケアクリニック銀座院
〒104-0061
東京都中央区銀座4-2-1 銀座教会堂ビル7階
→ アクセス

TEL.03-5524-6003

診療時間

※休診日 火曜日・土曜日・祝日・日曜午後
※日曜午前は9:30~13:00
※手術日は水曜日の午後ですが、
緊急手術には 随時対応しております。

アイケアクリニックさいたま上尾院
〒362-0036
埼玉県上尾市宮本町3-2 A-GEOタウン209
→ アクセス

TEL.048-770-6006

診療時間

※休診日 金曜日・日曜日・祝日
※月曜日午後は手術