選定療養認定施設(多焦点眼内レンズ)について

当院は、選定療養認定施設(多焦点眼内レンズ)です

多焦点眼内レンズによる白内障手術は、4月以降、自由診療・選定療養にて診療しております。
当院は選定療養認定施設(多焦点眼内レンズ)ですので、選定療養を使用した多焦点眼内レンズの白内障手術にご興味のある方はお気軽にご相談ください。

当院の多焦点白内障手術方法について

当院の多焦点眼内レンズを扱った手術は2種類の方法があります。

マニュアル手術 メスや器具を使用し、全ての行程を人(医師)の手で行う手術 → 選定療養
レーザー白内障手術 レーザーを含めた複数の機器を活用した白内障手術システム → 自由診療
 

当院の手術費用

自由診療 片眼 750,000円
選定療養(2焦点) 片眼 130,000円 (乱視用 150,000円)
選定療養(3焦点) 片眼 250,000円 (乱視用 280,000円)

当院のレーザー白内障手術について

当院では LenSxだけでなく複数の機器を連携することで、患者さんが望む「見え方」を高精度に実現しています。 特に多焦点眼内レンズの性能を引き出す「The Cataract Refractive Suite」という白内障手術システムを活用しています。

The Cataract Refractive Suite

例えば、検査で測定した目の状態を基に、乱視を矯正するための適切な切開位置やレンズの固定位置をガイドするVERIONや、手術中に変化していく目の状態をリアルタイムで測定して、もう一度正しいレンズの度数や位置を指示してくれるORA。
LenSx で砕いた水晶体の中身を吸引し、レンズを挿入する手技は、CENTURION という機器によって安全に行うことができます。
医師の手技だけでは難しい高い精度が求められる場面で活躍します。

当院の多焦点白内障手術費用形態

多焦点眼内レンズを活用した手術には、「選定療養」と「自由診療」があります。
選定療養は自由診療よりもレンズや手術方法に制限がありますので、詳細はクリニックまでお問い合わせください。

選定療養 国内承認レンズ+マニュアル手術
自由診療 全ての多焦点眼内レンズ(国内承認レンズ+国内未承認レンズ)+レーザーを含めた手術システム※
pagetop
草加本院
銀座院
蕨眼科
上尾院
福島院