当院の白内障手術

surgery

当院の白内障手術の特長

白内障手術を行っている眼科医院はたくさんありますが、
当院ならではの特長として、次の4つがございます。

  1. 扱っているレンズの種類が豊富
  2. 丁寧なカウンセリング
  3. 最先端の手術機器で行う高精度の手術
  4. 機器を使いこなす医師の技量と実績

その中でも際立っているのが多焦点眼内レンズに関する手術の際に使う機器と、それを使いこなす医師の技量と実績です


1扱っているレンズの種類が豊富

~患者さんのあらゆるニーズに合わせた「見え方」を実現~

当院では、20 種類以上という豊富な種類の眼内レンズを揃えています。これほどの数を扱っているクリニックはほとんどありません。また、欧米諸国より、新しく日本に導入された最新の眼内レンズも積極的に採用しています。ひとえに、患者さんが望む「見え方」を実現するために、あらゆるレンズに対応したいと考えているためです。
多焦点眼内レンズ(先進医療対応・自由診療対応)・オーダーメイドレンズなど患者さんに合った最適なレンズをご提案し、選んでいただくことが可能となっております。

2丁寧なカウンセリング

~仕事・暮らし・趣味などのライフスタイルをお聞きして最適なレンズを導きます~

白内障と診断されて、いざ手術を決断しても、調べれば調べるほどどんな眼内レンズを選んだらいいか分からなくなってしまった……。そんなお困りの声をよくお聞きします。

だからこそ、当院では患者さんの生活において何が重要なのかを詳しくお聞きしております。入念なカウンセリングにより患者さんが叶えたいこと、ご要望をうかがい、多数のレンズの中から最適なレンズをご提案します。

丁寧なカウンセリング

3最先端の手術機器で行う高精度の手術

~ミスと合併症のリスクを防ぎ、高精度の手術を実現 ~

従来の白内障手術では、医師がメスによって角膜を切開し、そこに器具を入れて水晶体を砕いて吸引し、さらに別の器具で折りたたんだ眼内レンズを切開創から入れるという作業を行っていました。
このような手術をした場合、どんなに切開創が小さかったとしても、メスが直接眼球に触れることになります。医師も人間ですから、その分だけミスをする可能性が高まってしまいます。
これを解消したのが、フェムトセカンドレーザーを利用したレーザーメスである LenSx です。
LenSx は角膜を切開し、水晶体のふくろの前側に丸い穴を開け、水晶体を細かく砕くところまでの一連の作業をすべて自動で行うという、優れた機器です。

2014年に日本で認可が下りたLenSxを最初に当院が導入しました。

~複数の機器を連携することで、望む「見え方」を実現 ~

また、当院では LenSxだけでなく複数の機器を連携することで、患者さんが望む「見え方」を高精度に実現しています。
例えば、VERION は検査で測定した目の状態を基に、乱視を矯正するための適切な切開位置やレンズの固定位置をガイドしてくれます。
ORA という機器は、手術中に変化していく目の状態をリアルタイムで測定して、もう一度正しいレンズの度数や位置を指示してくれます。
LenSx で砕いた水晶体の中身を吸引し、レンズを挿入する手技は、CENTURION という機器によって安全に行うことができます。

これら一連の最先端手術機器は「The Cataract Refractive Suite」と呼ばれ、高度な白内障手術を実現するために、なくてはならないものとなっています。
特に、多焦点眼内レンズで白内障手術を行うのであれば、その性能を活かすには欠かせないものです。

当院では、LenSxを含む最先端の手術機器一式をそろえることで、精度の高い白内障手術が実現できるようになりました。

4機器を使いこなす医師の技量と実績

~多数の実績で機器の扱いに習熟~

最新の機器を導入しただけでは、必ずしもその性能を最大限に引き出せるとは限りません。
その点、当院ではいち早く最新の機器を導入して実績を積み重ねてきており、機器の扱いは他院に引けを取らないレベルで習熟しております。
年間 1,500件以上の白内障手術を行っている当院だからこそ、患者さんに最高の治療を提供できると自負しております。

最先端の機器を使ったレーザー白内障手術の流れ

多焦点眼内レンズは、正確な位置にレンズを固定しないと望んだ見え方になりません。また乱視を矯正する場合は、角膜の切開も適切な位置を割り出して正確に行わなければなりません。
こうした高精度の白内障手術を実現するためには、最先端の機器なしで考えられなくなってきています。
当院では多数の機器を活用して、多焦点眼内レンズの性能を最大限に引き出すレーザー白内障手術を行っております。

手術の流れは以下の通りです。

  1. VERIONによって目の状態を計測することで、適切なレンズ度数や乱視矯正のための切開位置など、詳細な手術プランを作成し、提案します。
  2. 手術当日、もう一度 VERIONによって目の状態を計測し、手術プランの微調整を行います。計測したデータはLenSxなど他の機器にも共有します。
  3. LenSxの手術台に横になっていただき、機器と手術する目をドッキングさせます。
  4. LenSxによって、水晶体のふくろの前側に丸く穴を開け、その中にある核と皮質を除去しやすいように細かく破砕します。次に、手術用の器具を挿入するための切開創を角膜につくります。切開創は、適切な位置をガイドしてくれる VERIONのサポートで、最善の場所につくることができます。
  5. CENTURION を使って水晶体を乳化させ、核と皮質を吸引して除去します。
  6. 水晶体のふくろの中に眼内レンズを挿入します。VERIONとORAにより、術中の変化を踏まえた最適な位置にレンズを固定するため、高性能の眼内レンズのパフォーマンスを最大化して、術後の見え方の満足度を高めます。

これら一連の流れで所用する時間は、10 分ほどです。入院せずに日帰りで手術を行い、帰宅します。

※局所麻酔なので意識もはっきりしており、何かあれば手術中に話しかけていただくこともできます。手術をスムーズに進行させるためには、術中のコミュニケーショシも大変重要と考えています。

手術前の注意事項

手術前の注意事項

手術後のご注意事項

手術後のご注意事項

白内障の検査

目的 検査の種類
目の見え方を把握する
  • 視力検査(遠方・近方)(裸眼・メガネ・コンタクトレンズ)
  • 屈折検査
  • コントラスト感度 他
目の状態を知る
  • 眼圧検査 ・眼底検査
  • 散瞳検査
  • 細隙灯顕微鏡検査
  • 角膜内皮細胞検査 他
手術の方法を探る
  • 眼軸長測定
  • 曲率半径測定
  • 角膜形状解析
  • 波面収差解析 他
pagetop
草加本院
銀座院
上尾院