白内障お悩みQ&A

白内障手術をすると、紫外線から目を守れなくなると聞いたのですが本当ですか?

ご相談者様

白内障手術をすると、紫外線から目を守れなくなり、かえって目に悪い、と聞いたのですが本当でしょうか? とくに高齢者はよくないとも聞いたのですが…。

  • 「とくに高齢者によくない」というフレーズから推測するに、恐らく「白内障手術をすると『加齢黄斑変性(かれいせいおうはんへんせい)』という、高齢者に多い目の疾患にかかりやすくなる」というウワサをお聞きになったのではないかと思われます。そうであればまったくの事実誤認です。

  • 加齢黄斑変性…ですか? ときどき新聞などで見かけたりするのですが、どんな病気ですか?

  • 加齢黄斑変性とは、紫外線を浴び続けることにより、目の「黄斑」が変性し、視界が歪んだり、視力障害が起きたりしてしまう病気です。その名の通り加齢による目の変性のため、必然的に高齢の患者さんが多い疾患でもあります。
    黄斑は網膜の中心部にあり、鋭敏な視細胞が集まって視力の大部分を作り出している部位です。たとえるならば、映像を映し出すスクリーンの中心部ですね。視力の大部分を担うものですから、病気が進行すると失明する危険性があります。実際、欧米では以前より失明原因の第1位となっています。

  • 紫外線を浴び続けると、目の中心部分に病気が生じるリスクがあるのですね。そんな加齢黄斑変性と、白内障手術をするとかえってよくない、というウワサにはどのような関係があるのでしょうか。どういった理屈でそのような発想に繋がるのでしょうか?

  • 大前提としてこれは不正確な認識なのですが、「白内障手術は目によくない」という意見には、次のような理屈があるようです。

    ●白内障は水晶体が濁っている状態なので、紫外線が通りにくい。結果的に目を紫外線から守っていることになる。
    ●白内障の手術をすると水晶体がきれいになり、光も紫外線も通りやすくなるので、かえって目に悪い。
    ●だから白内障の手術はやめたほうがいい。

    繰り返しますが、これはまったくの事実誤認です。信じて実行している人がいれば、かえってリスキーです。

  • 具体的にどういう部分が危ないのですか?

  • 白内障も黄斑変性も主に加齢が原因で起きうる疾患なので、白内障の患者さんは、黄斑変性症を発症する可能性や、すでに発症している可能性が高いのです。その場合、放置しておくと病気が進行してしまい、失明のリスクを高めることになります。ですから白内障の疑いのある方や、また手術を先延ばしにしている方は、むしろ積極的に検査を受けることをおすすめします。

  • デマというか事実誤認というのは怖いですね。手術のことで「どうかな?」と思うことがあったら、かかりつけの医師に相談することが大事ですね。また、私はそもそも白内障手術を受ける方針ではありましたが、お話を聞いて、訳もなく先延ばしにするのはやめようと思いました。ありがとうございました。

pagetop
草加本院
銀座院
蕨眼科
上尾院
福島院