白内障を知る

cataracts

近視や老視、緑内障も治療できる白内障手術のメリット

白内障手術の目的は、もちろん白内障を治すことです。濁ってしまった水晶体の中身を取り除き、眼内レンズと入れ替えることで、クリアな視界を取り戻すことができます。

しかし白内障手術のメリットはそれだけにとどまりません。眼内レンズによって近視や乱視などの屈折異常を矯正できますし、さらに老視(老眼)も改善できますし、一部の緑内障を治療することもできます。

もし白内障で手術をするか検討されている場合には、これらのメリットについても知っていただき、検討材料にしていただければと思います。

白内障手術の効果①近視、遠視、乱視を矯正できる

白内障手術では、濁った水晶体の中身を取り除き、かわりに眼内レンズを挿入します。眼内レンズとは、目の中に入れるコンタクトレンズと考えていただけると分かりやすいと思います。

このレンズの選び方によっては、これまで悩まされてきた近視や遠視、乱視といった屈折異常も治すことができます。

 

例えば、眼内レンズは大きく分けて単焦点レンズと多焦点レンズがありますが、遠くに焦点が合う単焦点レンズを選んだとしましょう。そうすると、子どもの頃から強い近視に悩まされていた方が、ぼやけて見えていた遠くの景色をメガネなしでもクリアに見ることができるようになります。

遠視も同じように矯正できます。強い乱視の方でも、乱視矯正用のトーリックレンズがありますので、クリアな視界にすることができます。

 

ただし、単焦点ですと、遠くに焦点を合わせると反対に近くのものはぼやけてしまいます。この場合、近くのものを見るにはメガネが必要になるので、単焦点眼内レンズでは、メガネなしの生活を手に入れる、とまではなりません。メガネなしで、化粧やスポーツ、レジャーなどを楽しみたいのであれば、多焦点眼内レンズをおすすめします。

白内障手術の効果②老視を治すことができる

白内障手術は老視も治すことができます。

老視は、水晶体の調節機能が加齢によって衰えることで、近くのものが見えづらくなる症状です。年々進行する症状ですので、老眼鏡もどんどん買い替えなければならなくなりますし、度の合わない老眼鏡で頑張って小さい文字を読もうとしていると、疲れ目になりやすくなります。

多焦点眼内レンズで近くにもピントが合うようになると、これらのつらい症状に悩む必要はなくなります。

白内障手術の効果③閉塞隅角を治療し、急性緑内障発作を予防する

白内障手術によって、一部の緑内障が治療できるのも大きなメリットと言えるでしょう。

緑内障とは、眼圧によって視神経が壊れていき、視野が失われていく病気です。日本では失明原因の第1位となっています。

緑内障にはいくつかの種類がありますが、その中で、房水が排出される隅角という場所が閉塞してしまうことで発症する、閉塞隅角緑内障というものがあります。房水とは目の中を満たしている水分で、常に一定量が産生され、同じく排出されます。このしくみによって、眼圧が一定に保たれて、目は球形を保つことができます。房水が排出される隅角が閉塞してしまうと、房水はどんどん目の中にたまっていき、眼圧が上昇して視神経を障害してしまうのです。

このタイプの緑内障を治療するには、隅角を広げて房水を排出しやすくすることが大事です。隅角を広げる方法として、虹彩を後ろから圧迫している水晶体の中身を取り除き、眼内レンズに入れ替える白内障手術が最適となります。白内障手術をすると水晶体が薄くなるため、虹彩への圧迫がなくなって隅角が広がるのです。

(上)白内障手術前の、隅角が閉塞している状態。 (下)白内障手術をしたことで水晶体が薄くなり、隅角が広がった状態。

水晶体は、加齢によって濁るばかりでなく、大きくなったり硬くなったりします。硬くなることによって起きる症状が老視ですが、大きくなると、写真のように虹彩を圧迫して閉塞隅角を起こします。この状態でも房水の排出ができていれば緑内障にはなりませんが、もし完全に隅角が閉塞して房水が排出できなくなると、急激に眼圧が上昇する急性緑内障発作を起こすこともあります。急性緑内障発作は、激しい痛みや吐き気をともなう発作で、すぐに治療しないと視力低下や失明につながります。

白内障手術をしていれば、閉塞隅角による急性緑内障発作はまず起こりません。

このように、白内障手術は閉塞隅角緑内障の治療に最適ですし、急性緑内障発作の予防にもなる治療法なのです。

検査によって隅角が閉塞していると判明した方は、白内障の症状があまり出ていなくとも、白内障手術をして急性緑内障発作のリスクを取り除いておいたほうが安心です。

関連記事

pagetop
草加本院
銀座院
上尾院