拡大  標準 

白内障お悩みQ&A

白内障手術は「クレームが増えている」と聞きました。どんな内容が多いのでしょうか?

ご相談者様

最近の白内障手術は技術的にスゴくて、完成度が高い、と言われていますね。しかしその反面、手術の結果に納得が行かなくてクレームを入れる人も少なくないと聞きました。実際はどうなのでしょうか? また、どのようなクレームがあるのかという点も気になります。

  • おっしゃるように、近年、白内障手術の技術革新は著しいものがあります。眼内レンズを入れるための傷口はたった2ミリ台にまで小さくなり、手術時間も短くなって、通常は10分弱で終わります。身体への負担が軽くて時間もかからないので、当たり前に「日帰り手術」として受けられるものになりました。筋力を発揮するような重労働でなければ、翌日からお仕事に復帰することも可能です。こういった進歩がメディアで大きく取り上げられるようになり、白内障手術に対する世間の期待感が高まりました。結果、手術を希望する患者さんが大いに増えて、今や国内の年間の白内障手術件数は140万件ほどになっています。
    全国的に手術件数が増えた分、クレームも多発しているようですね。ただ広範な調査は行われていないのが実情です。そのため今回は、医師同士の情報交換や勉強会などを通して入手した情報のなかから、実態に即していると思われるものを厳選して、正直にお答えしたいと思います。

  • ありがとうございます。メリットだけでなくリスクもきちんと教えてもらってこそ、患者側としても信頼して手術をお願いできるというものです。

  • それではご説明しましょう。まず件数的に多いと感じるのは「眼内レンズの度数ズレ」です。メガネをつくるときと同様に、眼内レンズを入れるときも、個々の患者さんに合う度数を選択しなければなりません。その際、眼球の奥行きやサイズなどを計測する工程が必要となるのですが、そこで誤差が生じて、度数ズレに繋がる場合があります。実はこの誤差はちょっとした「目の状態変化」によって引き起こされることが多いのです。たとえばドライアイや、コンタクトレンズの常用、レーシック手術の経験、炎症やケガなど…これらによって角膜の表面に凹凸が生じると、計測時に影響を及ぼしてしまいます。度数ズレの程度によっては見え方が大きく変わってしまいますから、手術後の不満やクレームに繋がります。

  • そうなのですね。メガネやコンタクトと違って気軽に着脱できるものではない分、眼内レンズの度数ズレは厄介そうです。

  • また最近は、多焦点眼内レンズに関するクレームの増加が目立ちます。多焦点は「遠くも近くも中間も見えて、メガネがいらない」「特に中間から遠くにかけてピント合わせがスムーズで、ボヤけず見える」「従来以上に手元が見えやすくなって、スマホの操作に最適」等々、ここ10年ほどの間に、様々な特徴・機能を持った製品が発売されています。ただし、それらの機能を最大限に引き出すには、製品に応じた取扱いの知識や技術、それをサポートする最新の各種医療設備が必要です。これらに少しでも不備があると、せっかく高機能・高品質な眼内レンズを選んだのに、そのメリットが感じられないという事態に陥りかねません。
    近頃は、強度の近視や乱視の方にも適用できる多焦点眼内レンズが登場したうえ、既製品では対応できない場合があっても、オーダーメイドでぴったりの度数を作ることも可能になりました。ところが妥協したり、そもそもオーダーメイドという提案をしなかったりして、既製品のなかで間に合わせてしまうケースがあるのです。もちろん度数が合わなくては、思うような見え方にはなりませんから、やはりクレームに発展してしまいます。

  • そういえば、一昔前は強度の近視や乱視があると多焦点眼内レンズを選べなかったと聞いたことがあります。もとの視力が悪いほどいっそう「快適な見え方」に憧れるものですよね。多焦点が適用できるようになって、やっとチャンスが巡ってきたと感じている人もいるのではないでしょうか。でもいざ手術を受けて「期待外れだった」という結果になったら、クレームも言いたくなるでしょうね。気持ちはわかります。

  • クレームは、各種医療設備の不足や、手術執刀医の経験不足、さらにインフォームド・コンセントの不足によって発生すると言ってよいでしょう。これまで述べたクレームの趣旨に限らず、術後通院期間の目安や、極めて稀ではありますが術後合併症のこと、術後の視力の状態(視力予後)などについても、事前にしっかりとお伝えしなくてはいけません。手術前の十分な説明が、患者さんの安心や満足感を支え、クレームを減らすことに繋がります。

  • 正直、クレームが多いと聞いたときは「白内障手術は、みんなが言うほど期待できる手術ではないのかも…」と後ろ向きな気持ちになっていました。ですが仰るように、十分なインフォームド・コンセントがなされて、手術についてきちんと納得したうえで受けることができれば、後悔のない手術結果となりそうですね。手術を検討するうえでも、実際にクリニックを選ぶときの指標としても活用したいと思います。

監修:佐藤 香
アイケアクリニック院長、アイケアクリニック銀座院院長。集中力を要する緻密な作業を得意とし、とくに最先端の白内障レーザー手術において抜群の治療実績を誇る。そのほか、網膜硝子体や緑内障の手術も担当。まぶたの手術やボトックス注射など、眼科医としての視点を活かした目周りの美容にも注力。また、校医を務めるなど、地元住民のかかりつけ医として地域医療にも貢献している。日々のちょっとした悩み相談から高度な治療まで、総合的な目のケア――「トータルアイケア」の提供を目指す。現在、注目の眼科女医として、テレビやラジオ、新聞、雑誌など、さまざまなメディアに取り上げられている。著書に『目は若返る』『スゴい白内障手術』(幻冬舎メディアコンサルティング)がある。

pagetop
草加本院
銀座院
かわぐち蕨院
上尾院
福島院