拡大  標準 

白内障お悩みQ&A

多焦点眼内レンズに「5焦点」タイプがあると聞きました。どんな見え方なのですか?

ご相談者様

白内障手術の予定があります。3焦点眼内レンズを入れるつもりなのですが、新しく5焦点の眼内レンズが発売されたと聞き、いったん保留にしました。5焦点の詳細を教えてください。

  • 情報が早いですね。5焦点の眼内レンズはイスラエルのHanita社から発売されたもので、製品名は「Intensity(インテンシティ)」です。2020年7月に発売され、日本でも9月より自由診療の枠で取扱いが始まりました。眼内レンズは、ここ10年ほどの間に次々と画期的な新製品が開発・発売されてきましたが、5焦点は世界初です。また、従来の製品はほとんどが欧米製でしたから、今回の新製品がイスラエル製というところも目新しいですね。

  • ひとくちに「多焦点眼内レンズ」といっても様々あるようですが、焦点が最も多いものといえば3焦点でしたよね。5焦点の見え方というのは、いったいどんな感じなのでしょうか?

  • わかりやすいように簡素化して説明しますね。3焦点眼内レンズは、従来の2焦点が備えている2つのピント、「遠方」と「近方」に加えて、その「中間」にも焦点が合うようになり、遠くから近くまでほぼ万遍なく見えやすくなった眼内レンズです。今回の5焦点眼内レンズは「遠方」「中間」「近方」の3つの焦点間のほか、遠方と中間との間にあたる「遠中」、そして近方と中間との間にあたる「近中」という2つの新しい焦点が加わりました。その結果、3焦点眼内レンズよりさらに万遍なく、クリアに見えるようになったといえます。

  • 生活のシーンで、近くも遠くも中間も、よりよく見えるようになったということですか。

  • 最近の3焦点眼内レンズは多機能で、中間から遠くまで、視線を移しても、ボヤけるなど焦点の移動を感じることがなく、スムーズに見えるような製品も出ています。そのため中間・遠方を見る分については、3焦点も5焦点もそれほど差を感じないというのが正直なところです。
    しかし近距離に関しては、5焦点のほうが手元がよりよく見えると感じる人が多いはずです。実際、従来の眼内レンズでは、近距離の焦点を50cm、60cmあたりに設定しているものが多かったのですが、この5焦点はそれより短い40cmに設定してあり、従来製品よりも近くがよく見える作りになっています。新聞や本など手元で活字を見る機会の多い日本人にはぴったりで、いっそう快適な眼内レンズといえるでしょう。

  • なるほど、近くの見やすさがパワーアップした眼内レンズなのですね。しかも日本人のライフスタイルに合っているので便利であると。それはそうと、私が手術で入れる予定をしていた3焦点眼内レンズを含めて、多焦点眼内レンズには夜のドライブなどのシーンでまぶしさを感じやすい製品が多いと聞きます。5焦点の場合はどうなっているのでしょうか?

  • その点においても、最近の多焦点眼内レンズは従来製品よりだいぶ改良されており、まぶしさを感じることはかなり少なくなってきています。しかし焦点が増えた分、製造技術的には「光エネルギーのロスの配分」、「ハロー・グレアの軽減」などが難しくなるはずなのに、この5焦点は最近の3焦点の製品に引けを取りません。夜のドライブにおいても、肉眼とは異なるので多少の違和感はあるかもしれませんが、慣れればほとんど気にならなくなるはずです。

  • お聞きしていると、すぐにでも5焦点に変更してしまおうかなと思ってしまいますね。ちなみに短所はないのですか?

  • ないことはありません。このレンズの適応面で合わない方がいらっしゃると予想されます。いわゆるレンズのパワー幅が狭いので、強度の近視の患者さんに合うレンズがない可能性があります。また、今のところ「トーリックレンズ」という乱視矯正が可能なレンズがないので、乱視の患者さんにも合いません。ただトーリックレンズは今後出る予定と聞いていますので、導入されしだい患者の皆さんにお知らせしたいと思います。

  • 強度近視や乱視があると合わない可能性があるのですね。でも、総合的にはやはり魅力的な眼内レンズといえそうです。

  • 読書やPCを始めとして、毎日の運転やゴルフ・テニスなどのスポーツまで、幅広いシーンに対応できる眼内レンズです。ぜひご検討ください。

まとめ

5焦点の眼内レンズは、イスラエルのHanita社より発売されたレンズであり、製品名は「Intensity(インテンシティ)」といいます(2020年7月発売)。当レンズは、日本でも同年9月より自由診療枠で取扱いが開始されました。

5焦点タイプのレンズは3焦点タイプよりも、近くの見やすさが増す特徴があります。レンズの技術を簡潔に述べると、3焦点眼内レンズでは従来の2焦点が備えている2つの「遠方」「近方」に加え、その「中間」にも焦点が合い、遠くから近くまで満遍なく見えやすくなります。では、5焦点眼内レンズはどうかというと、「遠方」「近方」「中間」に加え、遠方と中間の間にあたる「遠中」、近方と中間の間にあたる「近中」という新しい2つの焦点が加わったかたちとなります。

3焦点と5焦点は、遠方や中間の距離感を見る分にはさほど差がないのが実情です。しかし近距離を見るとなると、5焦点眼内レンズのほうが見えやすいと感じる人が多いです。つまり、「近くの見やすさがパワーアップした眼内レンズが5焦点タイプである」と言えます。新聞や本など、手元で活字を見る機会の多い日本人にはぴったりな眼内レンズと考えてえよいでしょう。

監修:佐藤 香
アイケアクリニック院長、アイケアクリニック銀座院院長。集中力を要する緻密な作業を得意とし、とくに最先端の白内障レーザー手術において抜群の治療実績を誇る。そのほか、網膜硝子体や緑内障の手術も担当。まぶたの手術やボトックス注射など、眼科医としての視点を活かした目周りの美容にも注力。また、校医を務めるなど、地元住民のかかりつけ医として地域医療にも貢献している。日々のちょっとした悩み相談から高度な治療まで、総合的な目のケア――「トータルアイケア」の提供を目指す。現在、注目の眼科女医として、テレビやラジオ、新聞、雑誌など、さまざまなメディアに取り上げられている。著書に『目は若返る』『スゴい白内障手術』(幻冬舎メディアコンサルティング)がある。

pagetop
草加本院
銀座院
かわぐち蕨院
上尾院
福島院