白内障お悩みQ&A

白内障は薬で治すことはできないのですか?

ご相談者様

白内障は手術でしか治せないと聞きました。ところが、白内障の薬もあることを知りました。薬があるのなら、薬で治すことはできないのでしょうか?

  • 白内障が手術でしか治療できない病気であることは間違いありません。治療薬もありますが、主に病状の進行を予防する効果を期待して処方されるもので、治すことはできないと考えられています。

  • たくさん使用すれば、少しは良くなったりしないのでしょうか?

  • 現在認可されている治療薬は水晶体が濁っていくのを少しでも止めようとするものですので、良くなることは期待できません。
    白内障は目の中の水晶体という透明な組織が濁っていく病気であることはご存じでしょうか?

  • はい。加齢によって濁っていくんですよね?

  • その通りです。水晶体が濁る原因はいくつかありますが、最も一般的で誰にでも当てはまるのが、加齢によるタンパク質の変性です。タンパク質の変性は酸化ストレスにより引き起こされます。水晶体に酸化ストレスを与えるものとして、紫外線が大きな要因の一つとなっていますので、UVカット率の高いサングラスなどで目を保護したり、抗酸化作用の高い食材を使った食事をしたりすることで、白内障の予防につながると考えられます。

  • 白内障は予防できるのですか?

  • はい。点眼やサプリメントで予防することは可能です。
    点眼薬は、抗酸化作用のあるグルタチオン(製品名「タチオン®」)か、水晶体のクリスタリンというタンパク質が濁るのを防ぐピレノキシン(製品名「カタリン®」、「カリーユニ®」)などが処方されています。サプリメントは、抗酸化物質であるルテインやヒシ果皮ポリフェノールを配合した「サンテ®ウェルビジョン」が処方されています。

  • 抗酸化作用のある薬は食事療法とそれほど変わらないように思いますが、濁るのを防ぐ薬であれば予防はできるのですね?

  • はい。ただし、こうした薬を処方する場合は、白内障の進行が初期段階で、かつ進行スピードが遅い方に対して、手術をするまでに進行を遅らせることが目的となります。
    いつかは手術をする必要があるので早めに手術をすることをおすすめすることもあるのですが、初期段階では生活に支障がないのに手術をすることに抵抗がある患者様もいますので、経過観察になることもあります。しかし、手術を遅らせている間に白内障が進行しすぎてしまうと、手術が難しくなってしまうこともあります。そうした事態を少しでも避けるために、薬やサプリメントを使用するのです。

  • そうなのですね。最終的には手術をするしかないのですね。

  • 今後の医療の進歩次第では、濁った水晶体を元に戻す薬が開発されるかもしれません。実際、そうした研究は続けられています。しかし現在のところ、白内障は手術によってのみ治療ができる病気なのです。

  • 分かりました。白内障を薬で治せるのではと思っていましたが、やはり難しいのですね。色々と教えてくださりありがとうございました。今後は医師の指示に従って、手術をすすめられたら積極的に検討したいと思います。

pagetop
草加本院
銀座院
上尾院