白内障お悩みQ&A

白内障手術では老眼も治るそうですが、術後また老眼になることはありますか?

ご相談者様

加齢性の白内障と診断されましたが、症状が軽いので手術を受けるのを先延ばしにしていました。しかし先日、知り合いから「白内障手術をしたら老眼まで治った!」という話を聞いて、とても驚きました。もしそうであるなら、すぐにでも手術を受けたいのですが、手術後に再び老眼になってしまうことはないのか、気になります。

  • 白内障の手術によって、副次的に老視(老眼)が改善し、治ったと感じる人が多いというのは事実です。

  • それは嬉しいですね。白内障そのものは軽症なので手術を急ぐことはないと思っていたのですが、最近、老眼がすごく進んでいる気がして、生活で不便を感じる場面も多かったんです。それが治るのであればすぐにでも受けたいと思います。でも、なぜ白内障手術で老眼が治ってしまうのですか?

  • 一般に老視の初期は「老眼が急激に進んだ」と感じる傾向がありますから、あなたにとっては今がそのときなのかもしれませんね。なぜ白内障手術で老視が治るのかというと、老視も加齢性白内障も、原因が「水晶体」にあるからです。水晶体は角膜の奥にあるもので、ピント(焦点)を合わせるレンズの役割を担っています。加齢によって水晶体の「濁り」が顕著になるのが白内障。加齢によって水晶体が「硬く」なって、厚さの調整がうまくいかなくなり、ピントが合わなくなるのが老視です。白内障手術では、その濁った水晶体を取り除き、人工の眼内レンズと入れ替えます。

  • あぁ、なるほど。加齢性の変化が出ている水晶体を、人工の眼内レンズに入れ替えるわけだから、白内障も老眼もいっしょに治ってしまうんですね。

  • そのとおり。手術で入れた人工の眼内レンズは、加齢の変化は受けないので、手術後、一定期間を経て、また老視になるということもありません。ただ1つ、手術において必要な要件があります。

  • それは何でしょう?

  • 老視が治ったという実感を得るには「どの眼内レンズを選ぶか?」というのが重要です。遠くか近くかの一方にしか焦点を合わせられない「単焦点眼内レンズ」ではなく、2~3箇所に合わせられてる「多焦点眼内レンズ」を選びましょう。できれば2焦点より3焦点眼内レンズを選んでいただきたいですね。

  • なるほど。手術で水晶体を眼内レンズへと置き換えても、単焦点眼内レンズの場合は1箇所にしかピントが合わないのだから、近くか遠くの一方を見るときはメガネが必要になるのですね。それでは老眼の見え方とさほど変わらず、治ったとは言えません。

  • そのとおり。一方、多焦点レンズ、とくに3焦点眼内レンズは、「近方」「中間」「遠方」の3箇所すべてに焦点を合わせることができます。焦点の合う距離が多いため、メガネをかけなくてもクリアな視界を手に入れられる可能性も高まります。

  • 老眼の悩ましさから開放されるなら、それはいいですね。メガネがいらなくなる可能性が高いというのはとても魅力的です。今お聞きしたことを参考に、前向きに検討したいと思います。

pagetop
草加本院
銀座院
蕨眼科
上尾院
福島院