白内障お悩みQ&A

趣味で、色をはっきりと見る必要があるのですが、白内障手術をしたら見え方は変わりますか?

ご相談者様

趣味でテキスタイルデザインをやっています。デザイン画をつくるとき、出来上がったサンプルを見る際などに、色をしっかりと識別する必要があります。白内障手術をしても大丈夫でしょうか? 

  • 手術で挿れる眼内レンズの特性によって、手術以前と比べると、多少色の見え方が変わることがあります。手術で用いる眼内レンズには、1点に焦点を合わせてある単焦点眼内レンズと、複数に焦点が合う多焦点眼内レンズがあります。

  • そうなんですね。

  • かつては、単焦点眼内レンズに比べると色彩のコントラスト感度が若干低く、細かい図柄などを見たとき、色が薄く見えくっきりとしないことが一般的でした。これは外から入ってきた光を、眼内レンズのなかで複数の焦点に分けるために起こってしまうことで起きる現象です。日常生活において支障が出るようなことはありませんでしたが、色の識別をきびしく求められる職業の方や、細かな作業をされる方には、多焦点眼内レンズは不向きといわれたこともありました。

  • それは、どんな職業の人たちですか? 

  • たとえば、歯医者の方です。当時の多焦点眼内レンズは、色のコントラスト感度が低下してしまい、診療に支障をきたすことがあったからです。現在では多焦点眼内レンズがたくさん登場し、その中には色彩のコントラスト感度が低下しないレンズもあります。そのため、歯科医の方も安心して選択することができるようになりました。

  • 今は、どんな職業の人も多焦点眼内レンズを選ぶことができるのですね。

  • そうですね。微妙な色の識別・判別が求められる職業の方が安心して使用できる多焦点眼内レンズもあり、術後の満足度は非常に高いといえます。

  • お聞きして安心しました。先生と相談して、自分に合った多焦点眼内レンズを選んでみます。ありがとうございます。

pagetop
草加本院
銀座院
そのほか