白内障お悩みQ&A

視界が歪むといった症状がありますが、これは白内障によるものでしょうか?

ご相談者様

眼科を受診したところ白内障と診断されました。視力の低下や視界が歪むといった症状がありますが、これは白内障によるものでしょうか?

  • 眼科で白内障と診断されたんですね。まず、はじめに白内障の代表的な症状をご説明すると、目のかすみや視界が白く見える、まぶしいといった初期症状からはじまり、進行していくと視力低下を引き起こします。

  • そう言われてみると、度々視界がまぶしいなと感じていましたが、これは白内障の症状だったのですね。

  • はい。白内障は水晶体の病気です。水晶体とは眼球の前面にあって、レンズの役割を担っています。この水晶体は加齢などによって、白く濁ったり硬くなっていきます。白内障による視力の低下やまぶしさ、見えづらいと感じるのは、水晶体が濁ることで引き起こされています。

  • 物が見えづらいなと感じていたのですが、それは白内障で目がかすんで見えづらかったからなんですね。

  • はい。視力低下の症状は白内障によるものかと思います。けれど、白内障で視界が歪むということはありません。視界が歪む症状は他の病気によるものと考えられます。視界が歪む症状の代表的な病気として、黄斑上膜や加齢黄斑変性、黄斑円孔、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、網膜剥離といった眼底疾患が考えられます。

  • 視界が歪むのは白内障の症状ではなかったんですね。そうすると私は白内障以外に眼底疾患にかかっているということでしょうか?

  • 詳しくは検査をしてみないと分かりませんが、おそらく白内障と眼底疾患を併発していると考えられます。

  • そうだったんですね。眼底疾患とは、いったいどのようなものでしょうか?

  • 眼底疾患とは、目の奥の網膜や血管に関わる病気です。目の奥の黄斑と呼ばれる部分が、加齢などによって変性したり、黄斑部の前面を膜が覆ったりすることによって、視界が歪む、中心が暗く見えるなどの症状が現れます。

  • なるほど。白内障は眼の手前にある水晶体というレンズ部分の病気で、眼底疾患は眼の奥の病気ということですね。

  • はい。白内障と眼底疾患は全く別の病気です。それぞれに合わせて適切な治療を行うことが必要となります。

  • 私のように二つの病気にかかってしまっている場合、どのように治療をすすめていけばいいのでしょうか?

  • まずは、視界の歪みの症状の原因を特定しましょう。視力検査や眼圧検査に加え、眼底検査などを受けていただき、眼底疾患のどの病気かを判断します。疾患が特定されたら、治療を開始していきます。

  • 白内障と眼底疾患はそれぞれどのような治療法がありますか?

  • まず白内障の治療は、手術で濁っている水晶体を取り除き人工のレンズを入れます。手術と聞くと不安を抱かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、アイケアクリニックで実施する手術は、安全と正確性を重視しており、最新鋭の機器の導入、経験豊富な医師による手術体制で行っており、10分程度で終了し、傷口もわずか2.4mmのごく小さな穴だけなので、手術後もすぐに普段通りの生活を送ることができますよ。

  • 手術と聞いて少し驚きましたが、体制や経験豊富な医療機関で受けることで安全に実施できるということですね。

  • 次に眼底疾患の治療法についてご説明します。眼底疾患にもよりますが、治療は眼の奥の硝子体の濁りや膜を取り除いていく硝子体手術になります。アイケアクリニックでは、硝子体手術も白内障の手術と同様に、局所麻酔を用いて入院の必要がない安全な日帰り手術で行っています。

  • では、私のように白内障と眼底疾患の二つの病気にかかっている場合、手術を受けるとしたらどちらから先に進めていけばよいのでしょうか?

  • 一般的な眼科クリニックですと、白内障手術を先に行ったうえで、硝子体手術は近隣の大学病院などの水晶体手術に対応した眼科施設をご紹介することが多いようですね。アイケアクリニックでは、白内障手術と硝子体手術の両方の手術を実施しているので、同日に行うことも可能です。

  • 同じ日に両方の手術が受けられる選択肢があるなんて、忙しくて仕事の休みがとりにくい私にはとてもありがたいです。

  • はい。手術内容によって違う眼科を受診しなければならないということは、患者さまにとって身体的にも精神的にもご負担につながると当院では考えています。なるべく患者さまのご負担を軽減しながら、安全な手術をご提供できるように幅広い眼科疾患の治療や手術に対応しております。

  • 自分の病気や治療内容について十分理解することができました。ありがとうございます。

pagetop
草加本院
銀座院
蕨眼科
上尾院
福島院