白内障お悩みQ&A

左目と右目で白内障手術の方法が異なることはありますか?

ご相談者様

左右の目で白内障手術の方法が異なることがあると聞きましたが、本当でしょうか?

  • 白内障で一番多い加齢性白内障は、多くの方は両目とも同じように進行していくので、両目の手術が一般的です。しかし、左目と右目とで進行具合が異なっていることもありますし、片方の目は加齢性白内障で、もう片方の目は加齢性白内障だけでなく外傷性白内障も原因となっている、といったケースもあります。
    もし、外傷性白内障によって水晶体を支えるチン小帯が弱くなっており、通常の白内障手術では眼内レンズを挿入できないと判断されれば、その場合は眼内レンズを縫着(ほうちゃく)する特別な手技で固定します。この手技は対応できない眼科もありますから、そういった場合は手術を断わられ、別の眼科を紹介されることもあります。

  • 左目と右目で手術方法が異なってしまう場合もあるんですね。左右で白内障の進行具合が違う場合は、片方の目だけを手術することもありますか?

  • 片方の目だけ白内障の進行が早いため、その目だけ手術を実施することもあります。しかし通常は片方の目を手術する場合は、予防の観点からもう片方の目も同じタイミングで手術するのが一般的です。
    仮に、片方の目だけを手術する場合は、不同視(左右の目で強い視力差がある状態のこと)に注意する必要があります。白内障手術をしたことにより、両目の屈折状態が変わり、不同視となってしまった場合はメガネがかけられなくなります。

  • そうなんですね。一般的には両目を一度に手術するものの、左右で手術方法が違う場合もあることがよくわかりました。
    左右で異なる度数のレンズを入れることもあるんですか?

  • 患者さまの今までの目の状態や屈折状態によってはモノビジョン法という手術が提案されることもあるようです。
    モノビジョン法は、単焦点眼内レンズ(健康保険適用)を使用し、片方の目は近方に焦点を合わせ、もう片方の目は遠方に焦点を合わせることで、近くも遠くもある程度見えるようにするという方法です。健康保険適用内で、疑似的に多焦点眼内レンズと同じ効果を生み出そうとする方法といえます。ただ、手術後になかなか慣れない人も多く不満となってしまうことがあると相談を受けたこともあります。

  • 左右で異なる度数のレンズを入れて遠方も近方も見えるようにするのですね。しかし、想像するだけで目が疲れるような気分になります。

  • 実際、あまりおすすめできる方法ではありません。左右の視力が異なる状態なわけですから、脳が混乱してしまい、かえって眼精疲労や頭痛などを引き起こすともいわれています。
    手術後の見え方を重視するようであれば、健康保険適用外ですが、多焦点眼内レンズをおすすめします。患者さまの目の状態をしっかりと把握し、適切なレンズを選択することで、両目とも近方も遠方もクリアに見えるようにすることができます。眼内レンズの種類によっては、患者さまの目に合わせてオーダーメイドで眼内レンズを作成するので、本当に自分に合った見え方を手に入れることもできます。

  • オーダーメイドなら、手術後の見え方で不満になることは少なそうですね。

  • そうですね。患者さまの目の状態は本当にさまざまです。そのために手術方法や選択できる眼内レンズの種類が多いことが手術を最適に行うためにとても重要となります。
    眼内レンズの種類が少ない眼科クリニックでは、近視や乱視が強い方は手術を断られることもあるようです。多焦点眼内レンズを豊富に扱っているクリニックであっても、難症例の方はやはり手術を断られることがあるそうです。
    できれば、豊富な多焦点眼内レンズの選択肢を用意していて、なおかつ外傷性白内障によるチン小帯断裂のような難症例にも対応できる、当院のようなクリニックでワンストップの診療を受けることをおすすめします。

  • 眼科によって対応できる手術方法に差があることや多焦点眼内レンズの良さについて知っておいて良かったです。

  • 多くの先進医療施設となっている眼科クリニックでは1~2種類程度の多焦点眼内レンズしか導入していないことがほとんどです。
    白内障手術を検討する場合は、どのような症例にも対応できること、豊富に眼内レンズを取りそろえていることなどをクリニック選定の際の基準の一つにしたほうが良いですね。当院では、手術後の患者さまの見え方をとても重視しているので、選択できる多焦点眼内レンズを20種類以上取りそろえ、手術を実施する医師が患者さまと直接カウンセリングを行い、眼内レンズを一緒に決定しています。
    白内障手術を検討している患者さまで不安がある方は、当院をセカンドオピニオンで受診してください。

  • ありがとうございます。手術を前向きに検討したときは、ぜひセカンドオピニオンで受診したいと思います。

pagetop
草加本院
銀座院
上尾院