拡大  標準 

白内障お悩みQ&A

左右の視力に差がある、いわゆる「ガチャ目」です。オススメの眼内レンズは何ですか?

ご相談者様

左右の視力に差がある、いわゆる「ガチャ目」です。それぞれの目に最適な眼内レンズを入れたいのですが、たとえば片方は「遠方用」で、もう一方は「近方用」というように、あえて度数の異なるレンズをいれることは可能なのでしょうか?

  • 左右それぞれの目に、度数が異なる単焦点眼内レンズを入れる「モノビジョン法」というものがあります。これは左右の視力差が顕著な方において、老視(老眼)対策としてのメガネづくりや、近視対策のレーシック手術でも用いられる方法で、もちろん白内障手術でも利用できます。
    白内障手術では、主に「メガネをかけずに裸眼で遠くも近くも見えるようにしたい」という希望から行われることが多いです。近年の白内障手術では、白内障を治す以上のメリットが期待されていて、「モノビジョン法」はそれに応える方法の1つなのですね。モノビジョン法で手術をした場合、遠くの景色を見るときは「遠方が見えやすい眼内レンズを入れた目」を使い、近くの文字を見るときはもう一方の近方が見えやすいレンズを入れた目」を使うというように、左右それぞれの目で役割を分担することになります。

  • 「モノビジョン法」というのですね。初めて聞く手術方法です。メガネなしでよく見えるようになる、というのはとても魅力的な選択ですよね。老眼が進んでからは特にそう感じます。

  • やはり皆さんがそのように仰います。ただ「メガネなしでよく見えるようになりたい」というご希望に応えるのであれば、現在は「多焦点眼内レンズ」が第一の選択肢かと思います。多焦点眼内レンズは、メガネを使用せずに「遠方」「中間」「近方」が見える可能性のあるレンズになります。最近は様々な特徴や性能を持った製品がたくさん登場しているのです。

  • あれっ、それなら「多焦点眼内レンズ」を選ぶだけで事足りる気がします。なぜ単焦点を使った「モノビジョン法」があるのですか?

  • 昔の多焦点には、夜間に信号や車のライトが眩しく感じる場合があったり、単焦点に比べてコントラストの感じ方が幾分低下してしまったりなどの短所がありました。「モノビジョン法」では単焦点を入れるので、多焦点のような短所がないという理由から一部で実施されてきたのです。しかし現在の多焦点ではこれらの弱点が解消されているので、メガネいらずの生活を希望する患者さんにとって、最上の選択肢となりました。モノビジョン法は単焦点眼内レンズを使うため、保険の適用範囲内で手術できるという強みがあり、今では第二の選択肢として示されています。

  • なるほど。ちなみに「モノビジョン法」の短所はないのでしょうか?

  • モノを見るには、目から入ってきた情報を脳が認識しなくてはいけません。モノビジョン法では左右のピントが違うので、脳が慣れるまで違和感を抱く方がいらっしゃいます。慣れるには数ヵ月を要するとも言われますが、実はそれ以上かかり、長期間しっくりしないという場合もあります。また「遠方」と「近方」を見るときはそれぞれの目で役割分担して認識するので、立体視が弱くなる、つまりモノが立体的に捉えにいことがあります。もとよりモノビジョン法的な目の使い方をする方もいらっしゃって、この場合にはモノビジョン法を行っても違和感なく適合するのではないか、という報告もありますが、やはりそういった患者さんは少数です。

  • だいたいの人は両目を使ってモノを見ているので、無意識に立体視ができているのですよね。だからこそ「立体視が弱くなる」という状態がイメージしにくいのですが、どんな影響があるのでしょうか?

  • 極端な例ですが、モノビジョン法により立体視が弱くなると、球技などでは次に行う判断が遅くなって、パフォーマンスが低下する可能性があります。また3Dの画像機器やVRなどが見られないケースもありますね。
    白内障手術を受けるにあたり、メガネのいらない生活を期待するのであれば「多焦点眼内レンズ」と「モノビジョン法」のそれぞれの長所・短所を事前にお聞きになり、納得したうえでご自身のライフスタイルに合うほうを選ぶとよいでしょう。

監修:佐藤 香
アイケアクリニック院長、アイケアクリニック銀座院院長。集中力を要する緻密な作業を得意とし、とくに最先端の白内障レーザー手術において抜群の治療実績を誇る。そのほか、網膜硝子体や緑内障の手術も担当。まぶたの手術やボトックス注射など、眼科医としての視点を活かした目周りの美容にも注力。また、校医を務めるなど、地元住民のかかりつけ医として地域医療にも貢献している。日々のちょっとした悩み相談から高度な治療まで、総合的な目のケア――「トータルアイケア」の提供を目指す。現在、注目の眼科女医として、テレビやラジオ、新聞、雑誌など、さまざまなメディアに取り上げられている。著書に『目は若返る』『スゴい白内障手術』(幻冬舎メディアコンサルティング)がある。

pagetop
草加本院
銀座院
かわぐち蕨院
上尾院
福島院