白内障を知る

cataracts

適切な切開位置をガイドしてくれる手術機器Verion(ベリオン)

かつての白内障手術では角膜を切開する位置を、医師がやりやすい方向で決めていました。切開位置によって乱視が強くなったり、逆に弱めたりすることもできるのですが、当時その程度は誤差の範囲ということで問題になりませんでした。

しかし、Verion(以下、ベリオンと表記)の登場によって、乱視を矯正するための切開を正確に行うことができるようになりました。今回は切開創を作る位置や、眼内レンズを入れる位置を正確に測定してガイドする機器ベリオンについて、ご紹介します。

目の情報を計測し、手術中にガイドしてくれる

ベリオンは白内障手術の際、目の切開位置を決めたり、眼内レンズの位置を決めたりするのに非常に役立つ機器です。特に優れているのは、起きているときと横になったときで変化する目の状態を的確に捉え、その変化を計測した上でガイドしてくれる点です。

実は人の目は、手術前に体を起こして検査をする状態と、手術のために横になっている状態では、わずかに回旋(ねじれ)による変化が生じてしまいます。そのため、その変化を考慮せずに、当初予定した通りに切開したり眼内レンズを入れたりすると、思ったような手術結果とならない可能性が高まるのです。乱視矯正のレンズを使っているのに、逆に乱視を悪化させるような切開をしたり、レンズの位置ズレを起こしたりしかねません。それを避けようとして、目に医療用のペンで印をつけているクリニックもあります。

 

べリオンは手術中、常に計測を行って切開の位置や眼内レンズの位置をガイドしてくれます。

その点、ベリオンを使うと、目の情報を結膜の血管や、虹彩の特徴などを記録して追跡してくれるので、手術中の軸のズレを補正して正しい切開位置やレンズの位置をガイドしてくれます。多焦点レンズを使用したり、乱視矯正を行ったりするような高い精度の手技が求められる白内障手術では、なくてはならない機器となっています。

LenSx(レンズエックス)やORA(オラ)との連携で極めて精度の高い白内障手術を実現

ベリオンは、手術機器や眼内レンズを開発しているアルコン社が提供する、高精度の白内障手術を実現するための手術システム「The Cataract Refractive Suite」の機器の一つです。そのため、同システムを構成する、LenSx(以下、レンズエックスと表記)やORA(オラ)と連携することができ、さらに高い精度の手術結果を導くことができます。

そのような高精度の白内障手術を実現するため、当院では2015年6月にベリオンを導入しました。国内第1号になります。まだレーザー白内障手術をするための機器であるレンズエックスを導入する前なので、ベリオンのデータを基に手で切開して手術を行っていました。それでも、手術が非常にやりやすくなったのをよく覚えています。

レンズエックス導入後は、ベリオンで術前の目の状態を把握し、検査結果を解析したデータをレンズエックスへ送り、全自動で切開ができるようになったため、手術の精度がグンとアップしました。手術の精度は患者さんの見え方の向上に直結しますので、いち早く導入して正解だったと思っています。

 

 

関連記事

pagetop
草加本院
銀座院
上尾院