白内障を知る

cataracts

急速に進行するアトピー性白内障は、早期の治療が大切

アトピー性皮膚炎の人が発症しやすい、アトピー性白内障。水晶体のふくろの前側(前嚢)の真ん中に濃い濁りが起こったり、前嚢下白内障を発症したりします。また、急激に悪化するという特徴があり、生活に支障が出やすいため、年齢が若くても早期に手術をする必要があります。

水晶体の真ん中が濃く濁る

白内障は高齢の方が発症する病気という認識が広まっていますが、なかには若くして発症する方もいます。その一つが「アトピー性白内障」です。アトピー性皮膚炎を発症している人に起こる白内障のことをいいます。

その原因はまだ解明されていませんが、皮膚炎によるかゆみを抑えるために、頭や目の近くを叩くなどの刺激を加える行為を続けてしまうことが一因と考えられています。

また、皮膚炎の症状を抑えるための塗り薬や内服薬として使用するステロイドも白内障を併発する一因となっています。こちらは「薬剤性(ストロイド性)白内障」と呼ばれ、水晶体のふくろの後ろ側(後嚢)が濁る「後嚢下白内障」になるとされています。

いずれにせよ、さまざまな要因が蓄積されて限界を超えたときに、水晶体の濁りという形で発症するのかもしれません。

アトピー性皮膚炎の方に発症することが多く、水晶体のふくろの前側が濁ります。中心に濃い濁りが発生する特徴があります。

同じくアトピー性皮膚炎の方に発症しやすいですが、薬として使用しているステロイドが直接の原因の場合もあります。ふくろの後ろ側が広く濁ります。

急激に視力が落ちるため、手術の踏ん切りがつけやすい面も

アトピー性白内障は、初期から水晶体の真ん中に濃い濁りが発生します。そのため水晶体の周りからジワジワと濁る加齢性白内障とは異なり、発症してすぐに見え方の異常を感じるようになります。また濁りが急激に進んで視力低下が一気に進むという特徴もあります。水晶体が真っ白になる成熟白内障になるまで、数カ月しかかからないこともあります。

また、アトピー性皮膚炎は幼少期に発症することが多いことから、30歳以下、10代や20代の若年層の人の発症率が高いのも特徴的です。

 

若年で発症し、視力が著しく低下して仕事など日常生活に支障を来すため、ほとんどの方が早期の手術を希望されます。ジワジワと進行するため見えにくい視界に慣れてしまって、重症化するまで手術をしないことがある加齢性白内障と違って、手術の踏ん切りがつけやすいという面もあるともいえそうです。

手術をすれば、視界を取り戻すことができるので、安心してください。

「快適な目でいられる期間が長くなる」と認識していただければと思います。

手術の際には必ず眼底検査を

アトピー性皮膚炎はアトピー性白内障だけでなく、ほかにも目の病気を併発することが知られています。まぶたが炎症を起こす眼瞼炎や、白目を覆っている透明な膜である結膜が炎症を起こすアトピー性結膜炎などが知られていますが、なかでも注意したいのがアトピー性の網膜剥離です。

網膜剥離は、重症になると失明に至る網膜の病気です。アトピー性白内障と同時期に発症していることも多いので、できれば事前の眼底検査をしておきたいところです。しかし、白内障のせいで水晶体が濁っていると、眼底が見えにくく発見しにくいことがあります。そのため、白内障手術後に眼底をよく見て、網膜剥離が起きていないか検査をします。

もし事前の検査で発見できれば、白内障と一緒に手術することもあります。

いずれにせよ、白内障の陰に隠れた、より怖い病気を見逃さないためにも、アトピー性白内障は早期の治療が大事になります。

関連記事

pagetop
草加本院
銀座院
上尾院