白内障お悩みQ&A

見え方が変わってきたのですが、目の病気でしょうか?

ご相談者様

普段は老眼鏡をかけていますが、最近見え方が変わり眼鏡を作り直しました。これは老視(老眼)ではなく他の病気によるものでしょうか?

  • 見え方が変わったとは具体的にどのように変化したのか、教えていただけますでしょうか?

  • はい。普段、老眼鏡がないと近くのものが見えなかったのに、最近では老眼鏡がなくても近くのものが見えやすくなってきました。逆に遠くのものは見えにくくなっているようで、見えづらさが増していったので眼鏡を作り直しました。これらの症状は老視によるものか、それとも何か目の病気が関係しているのでしょうか?

  • 実際に眼科で精密検査を受けていただかないとこの場で病気を断定することは難しいですが、老眼鏡がなくても以前より近くのものが見えやすくなったという症状がある場合、白内障にかかっている可能性があります。見え方に変化が見られる場合は、たとえ見えやすくなったとしてもすぐに精密検査を受けていただくことをおすすめします。

  • 白内障ですか?白内障になると近くが見えるようになるのでしょうか?

  • 白内障の症状は患者さまによってさまざまです。一般的な症状としては目のかすみ、まぶしさ、物が二重に見える、急な視力低下がありますが、近くが見やすくなることも、白内障の症状の一つです。

  • たしかに目のかすみなどの症状は以前から感じていましたが、これは老視によって起こっていると思っていました。

  • はい。さらに老視をお持ちの方が白内障を発症された場合、近くを見るときにピントが合いやすくなる場合があります。

  • なぜ老視で白内障になるとピントが合うのでしょうか?

  • 白内障は目のレンズの役割をもつ水晶体が、加齢などによって濁っていく病気です。水晶体が濁るとだんだん厚みが増して、硬くなっていきます。これにより、水晶体が変性して屈折率が変わります。もともと老視で近くのものにピントが合いづらい場合、屈折率の変化によってピントが合うようになって見えやすい・視力が改善したと感じるのです。

  • なるほど。老眼鏡をかけなくても近くのものが見えやすくなっていたのは、水晶体が変性して屈折率が変わったせいなのですね。

  • 詳しくは精密検査を受けていただかないと断定はできませんが、おそらく白内障によるものと考えられます。たとえ近くが見えやすくなっても白内障の場合、進行していくと視力が低下していきます。見えるからといって検査を受けずに放置していると、白内障と気づいたころには悪化している場合もあるため注意が必要です。

  • 白内障の場合、どのような治療があるのでしょうか?治療をすれば視力の低下は防げますか?

  • はい。白内障は手術によって治すことができます。白内障手術は、水晶体を取り除いて人工のレンズ(眼内レンズ)を挿入します。レンズは近視用をはじめ、遠視や乱視にも対応しております。普段老眼鏡をかけていらっしゃる方も、白内障の手術を受ける事によって老眼鏡が必要ない眼内レンズもあります。アイケアクリニックでは、手術後の患者さまの見え方を大切にしており、術前のカウンセリングに力を入れております。手術では最新の医療機器を導入して手術実績の豊富な医師による安全で低侵襲(ていしんしゅう)な日帰り手術を行っています。

  • 白内障の手術で近視まで改善できるなんてありがたいですね。でも、目の手術ってなんだか不安です。手術以外に治す方法はないのでしょうか?

  • 現在、白内障は手術以外に治療法はありません。水晶体は一度濁ってしまうと元の透明な状態に戻すことはできないのです。

  • 入院の必要がない安全な手術と聞いて安心しました。

  • はい。白内障はものが見えづらくなるというイメージが先行していますが、実際の症状は人によってさまざまです。老視がある方の場合、近くのものが見えやすく感じるため受診が遅れたり、白内障手術を先延ばしにされるケースが多くみられますが、放置していると症状はどんどん進行してしまいます。見え方に少しでも異常や変化を感じたらなるべく早めに眼科を受診しましょう。

  • 確かにそうですね。見えるようになったので生活に不便もなかったです。近視がすすまなければ私もそのまま放置していたかもしれません。
    白内障について、知らなかったことまで聞けて大変勉強になりました。まずは精密検査を受けてみようと思います。ご説明いただきありがとうございました。

pagetop
草加本院
銀座院
蕨眼科
上尾院
福島院