白内障お悩みQ&A

乱視が強い場合は、多焦点眼内レンズは向いていないと聞いたのですが、本当でしょうか?

ご相談者様

通院しているクリニックで白内障と診断されたのですが、私は乱視が強く、主治医からは多焦点眼内レンズは向いていないと言われました。調べると、確かにあまり向いていないという情報も出てきて……。本当に、乱視が強いと多焦点眼内レンズを諦めなければならないのでしょうか?

  • 強度の乱視があるのに白内障と診断され、眼内レンズ選びに迷っておられるのですね。まずお伝えしたいのは、強い乱視や近視の方にも使用できる多焦点眼内レンズはあるということです。

  • では、私も多焦点眼内レンズで白内障手術を行うことができるのですね?

  • もちろん。問題なく手術できます。

  • では、なぜ主治医は向いていないと言ったのでしょうか?

  • 考えられるのは、その先生のクリニックでは多焦点眼内レンズを1種類しか扱っていないことです。その場合は、当然、乱視矯正用の眼内レンズはありませんから選択肢はなく、「向いていない」と言うしかなかったのでしょう。

  • そのようなクリニックがあるのですか?

  • むしろ、多くのクリニックでは、1種類か2~3種類しか多焦点眼内レンズを扱っていません。数年前に導入してから、新しいレンズが出ても更新していないところが多いようです。そうなると、多焦点眼内レンズで乱視矯正用のトーリックレンズが増えだしたのはここ数年のことですから、単純にまだ導入していないのでしょう。

  • トーリックレンズとは何ですか?

  • 乱視を矯正するために、特殊なカーブの形状にしている眼内レンズのことです。普通の乱視は、このトーリック眼内レンズを使用することで矯正することができます。また、水晶体が原因で起こる水晶体乱視は、白内障手術によって治療できます。

  • 水晶体乱視は白内障手術で治るのですか?

  • 水晶体乱視は角膜が原因のものと、水晶体が原因のものがあります。水晶体が原因で起こる水晶体乱視は、水晶体が濁ること、つまり白内障によって起こる症状の一つですので、白内障手術で治すことができるのです。

  • では、乱視は白内障手術で矯正することができるのですね。

  • 最新の多焦点眼内レンズでは、患者さまの目の状態に合わせて作り上げるオーダーメイドのものもあります。強度の乱視や近視、遠視の方でも合ったレンズにすることができますので、ご安心ください。

  • いろいろ教えていただいて安心できました。乱視矯正の多焦点眼内レンズを扱っているクリニックで手術を受けようと思います。本日はどうもありがとうございました。

pagetop
草加本院
銀座院
上尾院