白内障お悩みQ&A

以前に受けた白内障手術で単焦点眼内レンズを入れました。再度手術を受けて多焦点眼内レンズに入れ替えることは可能でしょうか?

ご相談者様

かなり前に白内障手術をしたのですが、その時は医師のすすめられるままに単焦点眼内レンズを使用しました。単焦点眼内レンズでもよく見えるようになったので手術したことは後悔していないのですが、メガネを掛けたり外したりしなければいけないので煩わしさを感じています。もう一度手術をして多焦点眼内レンズに入れ替えることはできないのでしょうか?

  • 単焦点眼内レンズを多焦点眼内レンズに交換したいのですね。そのようなご要望をいただくことはあります。

  • やはり私だけではないのですね! それで、そのような治療は可能なのでしょうか?

  • 結論から申しますと眼内レンズを入れ替えることは不可能ではありません。

  • そうなのですか!? では私もその治療を……。

  • ただし、誰もができるわけではありません。

  • え? それはなぜですか?

  • 眼内レンズの交換は、普通の白内障手術と比べてリスクが高いのです。そのため、そのリスクを取っても行うべきと判断された場合にだけ行われる治療とされています。

  • そうなんですか。では、交換すべきと判断される場合とはどんなときでしょうか?

  • そうですね。例えば、白内障手術で眼内レンズを挿入する際に位置がズレてしまい、想定していた度数と大きく異なってしまった場合や、左右の目に大きな度数差が出てしまった場合などですね。つまり手術をしたのに思ったような視力が出ず、かえって生活に支障をきたすことが増えてしまうような場合です。

  • それはやり直したくなりますね。

  • これらの場合であれば、リスクを取っても再手術の判断をされることがあります。

  • では、リスクというのは具体的にどんなことでしょうか。

  • 一つは、眼内レンズは水晶体の嚢(ふくろ)に癒着してしまうため、どうしても嚢を傷つけてしまうことです。嚢が破れて完全に壊れてしまうと別の眼内レンズをそこに挿入、固定することができなくなるので、眼内レンズ強膜内固定術などの特別な手術が必要になってしまいます。
    また、眼内レンズは挿入が簡単になるように作られていますが、取り出すようには作られていません。その分、手術のリスクが高まってしまいます。

  • なるほど。眼内レンズは取り除くために作られていないので、無理やり取り除くことになるのがリスクになるのですね。

  • そのとおりです。そこで現在では、眼内レンズの上にもう一つのレンズを追加するAdd-On眼内レンズという方法が取られるようになりました。もし、白内障手術での見え方に強い不満がある場合は、Add-On眼内レンズをおすすめします。

  • 眼内レンズを追加するのですか。これなら、眼内レンズを取り出すリスクがなくなりますね。

  • 単焦点眼内レンズでの見え方に不満があり、多焦点眼内レンズにすれば良かったと後悔されているなら、Add-On眼内レンズで調整するのも一つの方法になります。Add-On眼内レンズは乱視、近視、遠視、老視の改善も可能ですので、見え方についての不満を解消する有力な方法といえます。

  • そうですね。Add-On眼内レンズについて積極的に検討してみたいと思います。

  • ただ、目の手術を何度もすればその分、ダメージが蓄積してしまいます。一つひとつのダメージは小さくとも、蓄積すれば合併症のリスクも高まります。できれば白内障手術は、一度きりの手術で済むように、後悔のないように眼内レンズについて十分に検討したうえで行うことおすすめします。

  • その通りですね。自分には単焦点眼内レンズで十分と考えていたのですが、甘かったです。ただ、リスクの少ないAdd-On眼内レンズについて教えていただいたので希望が持てました。丁寧に説明していただいてありがとうございました。

pagetop
草加本院
銀座院
上尾院