白内障お悩みQ&A

祖母と母が白内障なのですが、白内障は遺伝することがあるのでしょうか?

ご相談者様

私の祖母は白内障にかかって手術を受けているのですが、先日、母も白内障と診断されました。2代続けて白内障にかかっていると、いつか私もかかるのではと心配です。白内障は遺伝することがあるのでしょうか?

  • ご家族に白内障にかかった方が多いのですね。遺伝するかどうか心配ということですが、まず、ご家族の中に生まれつき白内障にかかっていた方がいるかどうかご存じでしょうか?

  • 祖母も母も、60歳を過ぎてから白内障と診断されていますので、生まれつきということはありません。他に、そのような親戚がいるという話は聞いていないのですが……。

  • でしたら、白内障が遺伝するかを過度に心配する必要はないでしょう。

  • そうなのですか?

  • はい。生まれつき発症している白内障を先天性白内障といいますが、この先天性白内障のうち一部の原因が遺伝性のものであることが知られています。

  • 一部ということは、生まれつきなのに遺伝が原因でないものもあるのですか?

  • はい、風疹などに母親が感染することによって胎児に影響が出る母体感染によるものや、染色体の異常によるものなどがあります。いずれにせよ、先天性白内障でなければ、遺伝のことを心配する必要はないでしょう。

  • そうなんですね、安心しました!

  • それに、そもそも白内障は誰もがいつかはかかる病気です。そのため、遺伝するかどうかを心配しても仕方ない病気ともいえるのです。

  • え?では私もいつかはかかるのですか?

  • 白内障は水晶体が濁っていく病気ですが、その症状は水晶体の加齢現象といえるものです。皮膚がたるんでシワができるように、いつか水晶体は濁るのです。統計では、白内障の有病率は70代で100%になります。

  • そうだったのですね。では遺伝のことを心配しても仕方ありませんね。

  • 白内障を理解するポイントは、「誰もがかかる病気」であるということと、「治療することができる病気」であることです。
    白内障は、手術によって濁った水晶体の中身を取り除き、人工の眼内レンズを挿入することで治療することができます。仮に遺伝によって先天性白内障を発症していたとしても、そのまま放っておくと視力の発達が妨げられて視力が出ない弱視になってしまう可能性がありますが、白内障手術によってクリアな眼内レンズを挿入することで、視力の発達を促すことができます。

  • ということは、白内障にかかることを過度に恐れる必要はないということでしょうか?

  • そういうことです。

  • どんな原因でも白内障は、手術をすれば治すことができるんですよね?

  • その通りです。

  • でも、若いうちに手術をすると、眼内レンズが劣化していつか見えなくなる、ということはないのでしょうか?

  • 眼内レンズは一度挿入してしまえば生涯にわたって使用し続けることができるので、若くして手術をすることになっても気にする必要はありません。ただし長く使うのであればこそ、どのような眼内レンズを使用するかは慎重に検討するべきでしょう。
    できれば、遠くも中間も近くも焦点が合う多焦点眼内レンズを使用することをおすすめします。

  • そうですね。遺伝とは関係なく、自分もいつかはかかることが分かりましたので、その時に備えて眼内レンズについて調べておこうと思います。本日は丁寧に教えてくださってありがとうございました。

pagetop
草加本院
銀座院
上尾院